無断転載・複製・引用禁止

量子力学の不思議

量子力学とは

量子力学は物質を構成する電子、光子、クウォーク、ニュートリノ等の究極の微粒子(素粒子)を研究する物理学で、1910年頃にスウェーデンのコペンハーゲン大学のシュレディンガー、ニールスボーア、ハイゼンベルグ等の若き3人の天才学者によって提唱され、その微粒子は波動性と粒子性をもつため量子と呼ばれ、その振る舞いや法則の内容があまりに奇抜で、当時のアインシュタインを頂点とした物理学では全く理解できないため、その真実性について大論争を引き起こしました。しかしこの量子力学を打ち破るために世界中の著名な物理学者が数多くの実験を行いましたが皮肉なことにすべての実験は、結果的に新しい量子物理学の正しさを証明することになりました。


ついに1986年に国際物理学会でその内容の正しさが認められ、現在、様々な研究機関で量子力学を応用した新しい技術の開発や研究が行われ始めました。当日本量子研究財団でも10年前から健康や医療の応用技術である量子医学や量子鮮度保持技術や量子品質改善技術、量子農法技術等について研究開発し、その他様々な量子関連製品や量子加工技術を開発しています。


すべての物質は、量子という微小エネルギー単位で構成されている。量子は粒子性と波動性の二重性を持っているため、物質(肉体)も粒子性(物質性)と波(不可視のエネルギー体)を持って振動している。
質量の大きな野球のボールは粒子性が強く、光子や電子は質量が小さいので波動性(量子波)が強く出ている。しかも、量子は空間に広がって消えたり(波動性)、再び現れたり(粒子性)する性質がある。
量子宇宙論によると空間は真空ではなく、エネルギーが充満していてすべての物質を創造している多次元空間(霊空間)物質空間との二重性を持っている。

量子の粒子性と波動性によって自然界の物質や、
生命、宇宙の構造や働きを見直す科学である。

「量子医学」の神秘と
その原理と応用のすばらしさ

1.量子物理学を応用した
新しいエネルギー医学(量子セラピー)について

量子物理学は、1930年頃スウェーデンのストックホルム大学を中心に提唱された物理学で、従来の物質を構成する分子や原子又中心から、原子核を構成する中性子や陽子等の振動によって発生するクウォークやニュートリノ等の超微細の量子の物性を研究する物理学である。

アインシュタインの「相対性理論」に代わる新しい物理学として1986年に「近代量子物理学」として確立した。日本国内での量子物理学の応用研究は、2013年8月の東大の量子物理学研究室が光子を用いて量子間の情報伝達を行う「量子テレポテーション」の実験に世界で初めて成功した。

更に2014年8月に東芝の研究グループが量子を用いた遠隔地間での絶対安全な量子暗号通信の実用化に成功した。
又量子物理学は、宇宙のすべての物質や生命は粒子性(物質体)と波動性(量子体)の二重構造になっていることを証明した。

物質体は分子で構成され、量子体はクウォークやニュートリノ等の量子で構成されている。
「量子医学」は「クウォーク」「ニュートリノ」という二種類の量子を直接照射と遠隔共振を同時に、人体の量子体に共振させて量子体の除霊や異常を修正して、結果的に物質体(肉体)の自然治癒力と免疫力を回復させて肉体に投影された症状を消去するものである。

2.量子物理学から観察した人体の量子的構造

量子物理学が発見した宇宙の構造原理で最大の真理は、宇宙のすべては目に見える現状の物質宇宙と、目に見えない量子で構成されている量子宇宙(霊的宇宙)との二重構造になっている事実である。
物質『肉体』の健康状態や性質は目に見ない量子体によって定まり、物質や肉体に現れると考えます。病気を治すには量子体の異常を修正すれば良いというのが、量子医学の基本原理となります。

3.量子テレポテーションを応用した遠隔治療の原理

量子物理学が発見した宇宙の法則の2番目に重要な発見は、量子単体や量子が多数集合した量子波や量子体間で、超光速で真空空間内で連絡しあって情報交換し、一方が変化すると他方も全く同じ変化をするという「量子テレポテーション現象」です。
この現象を利用すると遠隔地の患者を瞬間的に治療することができる「テレセラピー」が可能になります。
テレセラピーを行うには患者の情報は氏名と生年月日を記載したカルテに症状に応じた量子エネルギーを照射するのみで十分であり、写真は必要ありません。

1.
量子波サーバーから量子波を受信する「量子メモリー」をPCに挿入して液晶画面に量子波を共振させる。
2.
PCの液晶画面から放射される量子波は、「患者カルテ」の内容を読み取る。
3.
液晶画面の量子波は「量子テレポテーション」で、患者の量子体に共振して肉体の気の流れを調整する。

物質の同化と量子化

物質の同化とは

すべての物質は物質性と波動性を持ってます。言い換えると物質性を持った物質体と、波動性をもったエネルギー体の両方を持っていると考えられていますので、 この波動性をもったエネルギー体は多数のクウォークという量子中心で構成されていますので、量子体と呼ばれています。
量子体は勿論目に見えませんが、物質体を取り囲むように存在していると考えられています。神智学では量子体はエーテル体と呼ばれています。
量子力学の結論によりますと量子は意識をもっているため当然、量子体も個別の個性意識を持って互いに情報交換していると考えられています。
量子体が持っている個別の意識の一部を共通化して同じ意識に統一することを物質の同化といいます。勿論物質の個性はそのままです。
物質を同化するには、複数の物質に同時に同一空間内で量子化したテラヘルツ波(光)を照射すればよい。
この同化処理は後述する物質間の瞬間的な量子情報の移動(量子化と量子テレポテーション)に必要です。

物質の量子化とは

同化されて共通の一体感意識をもった物質群の単体に量子情報を与えて物質の性質の一部を変化させると、他の残りの物質群に瞬間的に空間を超えて同じ量子情報が伝わって物質に同じ変化を与える現象を物質の量子化又は量子情報処理といいます。
物質を量子化するには、物質に量子情報処理した電子や電波、テラヘルツ波(光)、音波、振動等の量子エネルギー(量子波とも言います)を照射することによって可能となります。
実際に処理する場合は,同化と量子化を連続して行う場合が一般的です。
同化又は量子化処理したい物質が遠隔地に分散したりしている場合は、量子テレポテーション現象を利用します。

量子品質改善

量子化による品質改善とは

すべての物質、動植物を量子力学から観察すると、中心に原子や分子で構成された物質性を持った物質体と外側にクウォークという量子で構成された波の性質を持った、目に見えないエーテル体(量子体)の二重構造をもっています。 物質の物性や個性(意識)は物質体にあるのではなく、量子体の量子状態が物質体に表れていると認識しています。 従って外部から、量子体に量子を照射して共振させると同化と量子化によって、量子体の量子状態の乱れや歪み等が調整されて、物質本来の物性や個性がより強く物質体に表れてきます。これを物質変性といい、鮮度保持や味、品質改善技術に応用されています。動物や植物の成長促進、免疫力の強化や無農薬栽培等が可能になります。


■量子化による品質改善効果例
  1. (1)食品の鮮度保持と酸化防止、味改善
  2. (2)発酵食品の熟成促進と味の改善
  3. (3)植物、動物の成長促進と免疫力強化
  4. (4)無農薬農業や無農薬養殖漁業等
  5. (5)健康な繊維や衣服の開発
  6. (6)健康な化粧品の開発等
  7. (7)健康な住宅用の建材の開発
  8. (8)その他健康商品や省エネ品の開発等

量子テレポテーションとは

量子はそれぞれ意識を持っていて互いに連絡し合っている事実が量子力学で確認されています。 同様に宇宙のすべての物質や生命も互いに相関していて、互いに量子エネルギーで連絡し合っています。 それらを更にいくつかに分割し、その一片に量子化された情報(量子エネルギー)を与えて変化(量子化)させると、その情報は真空空間を超光速で他の片に伝わり同じ変化を発生させることができます。

沖縄県特産の泡盛(45度)の新種を実験に使用しています。
量子化時間は40秒とし、品質変化は熟成度(まろやかさ)を10年古酒と比較しました。
12人の試験者が飲用して比較した結果、
全く違いが判らないほど見事に味と品質が改善されることが確認されています。

量子医学と
量子テレポテーション

量子セラピーとは

量子力学の結論に従うと、人体や動物の体は肉体という物質体と目に見えないエネルギー量子で構成されている量子体の二重構造になっています。
病気や体調の異常の原因は、肉体ではなく、何らかの理由で発生した量子体の乱れで、それが肉体に共振して病気や体調異常と一時的に現れていると考えられます。その量子体の乱れや異常を修正すると肉体の病気や異常が消失又は急速に軽減されることになります。逆に言い換えると量子体の乱れや異常を修正しない限り病気の速やかな治癒は困難ということになります。量子体に乱れを起こす原因の大部分は霊的憑依現象といわれています。 WHO(世界保健機構)の憲章にもそのことが以下の文章でうたわれています。

平成10年のWHO執行理事会において、WHO憲章全体の見直し作業の中で、
「健康」の定義は以下の通り表現されています。 「完全な肉体的(physical)、精神的(mental)、 霊的(Spiritual)及び社会的(social)福祉のDynamicな状態であり、 単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」
憲章では量子体の憑依のことを霊的(スピリチャル)現象という言葉で置き換えています。


結局、量子医学とは、人体の量子体に量子波(量子情報)を照射して肉体だけなく量子体の異常を修正又は消去することによって(東洋医学や中国医学では気の調整という言で表現されています。)病気の真の原因を直接取り除き、生命本来の免疫力と自然治癒力の活性化によって極めて短時間に健康を自分で回復することを目的とすることになります。

量子遠隔治療
(量子テレセラピー)

量子遠隔治療(テレセラピー)は、直接肉体に一切のエネルギーを与えず、量子化したパソコンに患者の氏名を登録します。 量子化されたパソコンの量子は、パソコンに登録された患者の氏名を認識し、遠隔の患者を特定し、患者の量子体 に気の調整をもつ量子エネルギーを共振させます。 同時に患者が身に着けた量子ペンダントが除霊効果を持つ量子エネルギーを受信して患者の量子体と共振して、除霊を行います。 量子治療は量子体の除霊と気の調整を同時に行わないと目的を十分に達成することはできません。 この事実は、量子エネルギーを直接照射する場合であっても量子テレポテーション治療であっても量子医学では重要です。又量子テレセラピーが原理的に可能な理由は、量子が文字や写真や番号等を認識し特定するという働きを持っているからです。この現象は量子力学の結論の中でも最も不思議な実験結果です。

  • 体験ページの写真からは日本量子財団の量子サーバーからの量子テレポテーションによって、セラピー用の量子エネルギーが放射されています。
  • 体験ページへPC、スマホ等で接続すると端末の液晶画面から気調整用の量子エネルギーを取り込むことができます。
  • 液晶画面を人体に直接接触させると人体の違和感が緩和されます。
  • 又物質や食品等に接触させると品質改善を体験することができます。
  • 体験ページから、除霊用のエネルギーが出ていますので、人体に憑依している低級霊を除霊することができます。
  • その他様々の用途で量子エネルギーの素晴らしさを体験することができます。
  • この体験コーナーは、病気を直接治療するものではなく、気の調整と除霊と物質の品質改善の効果を体験することを目的としたコーナーです。

このページの写真から量子エネルギーが放射されています。

注意事項

■量子エネルギーは、PC、スマホ等がインターネットを通じ、このページに直接つながっている場合のみ体験できますが、
このページをPC、スマホ等の端末内にコピー(保存)すると量子エネルギーが放射しませんので、体験することができません。